伊達巻風アンパンマン焼きの巻

先日、「おせち料理を何か一品でも手作りしよう!」と思った自分。
その勢いで、パルシステムで伊達巻の材料を注文したのだが、
「どうせなら子どもが食べる型しよう」ということで、
以前買ったアンパンマンホットケーキパンを使って、
伊達巻味のアンパンマン焼きを作ってみました。


見た目はホットケーキみたいだが、中身は伊達巻です。
画像
「これは“伊達巻マン”だな」。


伊達巻の主原料である“はんぺん”。わが家ではおでん以外、出番のない食材です。
画像
「初めて原料が“はんぺん”と知った時、少し驚いたな。何時のことだったかな‥」。


ちなみにこちら、今回も大活躍のアンパンマンホットケーキパン
画像
「この間、これで目玉焼きを作ったが、何だか識別できないものになったよ‥」。


伊達巻生地の作り方は、パルシステムのレシピを参考にしました。

---(材料・レシピのはじまり)---

≪出来上がりの量≫
小さい伊達巻ひとつ分

≪材料≫
・たまご…4個
・はんぺん…100g

・砂糖…大さじ2
・みりん…大さじ1
・酒…大さじ1
・しょうゆ…小さじ1/2
・油…適宜

≪作り方≫
1. はんぺんを手で細かくちぎり、容器に入れる。

2. 「1」の中に卵と<A>を入れて、ハンドミキサーで一気に混ぜる。

3. 熱したアンパンマンフライパンに油を敷き、「2」を50cc入れて焼く。

4. 熱しておいた別のフライパンに返し、裏面を焼く。

5. 「4」を冷ませば完成。

---(材料・レシピのおわり)---


はんぺんを手で細かくちぎり、容器に入れる。(レシピ1)
画像


「1」の中に卵と<A>を入れる。(レシピ2)
画像


ハンドミキサーで一気に混ぜる。(レシピ2)
画像


伊達巻の生地のできあがり。(レシピ2)
画像


熱したアンパンマンフライパンに油を敷き、「2」を50cc入れて焼く。(レシピ3)
画像


熱しておいた別のフライパンに返し、裏面を焼く。(レシピ4)
画像


ちなみに80ccだと、“表面の焼き具合”と“中身の火の通り”の均衡がとれず、
こんな感じの無残なアンパンマンになります。
画像
「欲張り過ぎると、痛い目にあいます」。


こんな感じで焼き上げた『伊達巻風アンパンマン焼き』。
上記の分量で、約8枚のアンパンマンが焼くことができます。(写真は3枚ですが‥)
画像
「一枚焼くのに、焼く5分掛かるので、焼く作業は結構面倒です」。

ちなみに、油の敷き方や焼き時間など、本当に微妙な違いだけで、
あ焼き上がりは違った面持ちになります。(今回は眉なしもできました)

そして、気になる味は‥
「当たり前だけど、普通に伊達巻です」。

今回、初めて伊達巻(みたいなもの)を作ったけど、とても簡単でした。
市販の伊達巻より、少し磯臭いですが、味は美味しいです。
家庭にある調味料の方が、質が良いのでしょうね。

巻かなくても、伊達巻の美味しさを楽しめる、『伊達巻風アンパンマン焼き』。
子どもいるご家庭では、食卓を盛り上げる一品になるのではないでしょうか。


こちら、うつ伏せ状態で「アウ~」と存在アピールがマイブームのケンシン。
画像
「アウ~」。


さらにこちら、自分でハッとしたくらい、自分に似ているカットのケンシン。
画像
「つーか、自分の幼少時代に似てきたな‥」。




この記事へのコメント

のん
2014年01月06日 11:21
伊達巻アンパンマン素敵ですね。
先日ショップでアンパンマンDVDを見てたのですが、
ホットケーキアンパンマンや
ロールケーキアンパンマン
緑色の笹団子アンパンマンも登場しているのですね…
アンパンマンすごいなって思ったことを思い出しましたww
きっといつか伊達巻アンパンマンも登場すると思います!!
2014年01月17日 14:30
>のんさん
アンパンマンは、あらゆる食べものをキャラにしているだけでなく、アンパンマン自身も、変わり種が豊富ですよね。

ケーナに買ってあげた、『アンパンマン大図鑑』を見て、驚きました。

伊達巻アンパンマンの登場も夢ではない感じですね。