丸ごとかぼちゃプリン~ハロウィン仕様~の作り方の巻

今年もハロウィンの時期ですね。
なので、かぼちゃ丸ごと使った、かぼちゃプリンを作ってみました。
見た目にインパクトがあるため、ハロウィン感を高める力は相当です。(フォース!)
面倒な印象のあったレシピですが、結構簡単でした。誰でも手軽に作れる
丸ごとかぼちゃプリン」の作り方です。


もはや、日本に完全に浸透したハロウィン。
年々、日本中の浸かり具合いが濃くなっていると感じているのは、自分だけでしょうか。
画像
「今や、アンパンマンに“ハロウィンマン”なるキャラが登場するほど‥」。


こちらが今回使ったかぼちゃ。結構大きくて立派です。
画像
「おっ、これは良いかぼちゃだね。普通に煮物を作りたい」。


材料や作り方は、パルシステムのレシピを参考にしました。


---(材料・レシピのはじまり)---

≪出来上がりの量≫
かぼちゃ1つ分

≪材料≫
・かぼちゃ…1個
・卵…4個
・牛乳…2カップ
・砂糖…60g

≪作り方・手順≫
1.かぼちゃは水洗いして、ラップで包み、耐熱皿にヘタを下にしてのせ、
  電子レンジで約7分加熱する。

簡単に切れるやわらかさになるまで加熱します。
  かぼちゃの大きさによって、加熱時間は調整してください。

2.かぼちゃの上部1/4ほどを切る。中の種とわたを取り除く。
  (切り取った上部分は、最後にふたにするため取り置く)。

3.中の種とわたを取り除き、内側の果肉の部分を大さじ5~6ほどこそげ取る。
  (取り置いた上部分の果肉も含む。かたければ電子レンジで再加熱する)。

4.皮目に目や口を彫る。果物ナイフなど小ぶりな刃先で輪郭を入れてから、
  刃を寝かせて薄く削るようにして削る。

5.小鍋で牛乳を沸騰寸前まで温め、砂糖と、「3」のかぼちゃを混ぜる。

6. 火を止め、割りほぐした卵を混ぜる。

7.「6」をざるでこし、かぼちゃの本体部分に入れる。

8.深めの耐熱皿に3をのせ、オーブンの天板に置いて、
  天板の8~9分目まで湯を張る。160℃に予熱したオーブンで約70分焼く。

竹串をさして、生地がつかなければ焼き上がりです。
  「2」で取り置いたかぼちゃの上部分は、焼かずに最後にのせます。
  切り分ける際は、冷蔵室で完全に冷やすときれいにカットできます。

---(材料・レシピのおわり)---


水洗いしたかぼちゃをラップで包み、耐熱皿にヘタを下にしてのせ、
電子レンジで約7分加熱する。(レシピ1)
画像


かぼちゃの上部1/4ほどを切り落とす。(レシピ2)
(切り取った上部分は、最後にふたにするため取り置く)
画像


中の種とわたを取り除き、内側の果肉の部分を大さじ5~6ほどこそげ取る。(レシピ3)
画像


皮目に目や口を彫る。(レシピ4)
画像


小鍋で牛乳を沸騰寸前まで温め、砂糖と、「3」のかぼちゃを混ぜる。(レシピ5)
画像
画像


火を止め、割りほぐした卵を混ぜる。(レシピ6)
画像


「6」をざるでこし、かぼちゃの本体部分に入れる。(レシピ7)
画像
画像
画像


深めの耐熱皿に3をのせ、オーブンの天板に置いて、
天板の8~9分目まで湯を張る。160℃に予熱したオーブンで約70分焼く。(レシピ8)
画像
画像
画像
画像

蒸し焼き上がった「丸ごとかぼちゃプリン」。一晩冷蔵庫で冷やせば、完成です。


翌朝、朝からケーナの遊ぶ声で、目が覚めました。
画像
「うぅ~、昨日片付けて、掃除機をかけたリビングが‥」。


寝ているケンシンを強制的に起こすケーナ。
画像
「ケンシンも楽しそうだから、いいや」。


さて、本題。こちらが完成した「丸ごとかぼちゃプリン」~ハロウィン仕様~。
画像
「顔を刻んでいるあたりが、ハロウィン仕様です‥つーか、河童みたい‥」。


美味しそうな風貌ではないでしょうか。
画像
「“丸ごと”ってのが、テンション上がるよね」。


切り分けて、いただきましょう。
画像
「かぼちゃも柔らかくなっているので、簡単に切り分けできます」。


切り分けた後のかぼちゃプリン‥何だかアレに似てますね。
画像
「アルプスの少女ハイジ的なチーズ!」。


それではケーナ、「いただきます」を言ってから食べよう!
画像
「ケーナ、もう食べてるよ♪」


得意の美味しいのポーズを繰り出したケーナ。
画像
「美味しいなったら美味しいな♪」。


かぼちゃプリンの味は気に入ったが、ハロウィン仕様の顔を怖がるケーナ。
画像
「そっと、そっと‥お皿を回してね」。


かぼちゃの顔を見て、驚き怖がるケーナ。
画像
「きゃっ!」。


何だかんだと、かぼちゃの顔を楽しむケーナ。“怖いもの見たさ”ってやつですね。
画像
「かぼちゃのお顔、こわいね~」


それでは、自分もいただきま~す。
画像
画像
「って、ケーナ、またやってるよ‥」。


感想が最後になりましたが、かぼちゃプリン、大変美味しいです。
しかし‥プリンと同量以上のかぼちゃも付いてくるため、お腹に溜ります。
画像
「コリャ、スイーツではないな。かぼちゃの蒸し物として、副菜でも‥」。

“かぼちゃドッシリ”ですが、個人的には、なかなか気に入りました。
何せ、この一品で、ハロウィン感が高まります。インパクト“大”です。

「丸ごとかぼちゃプリン~ハロウィン仕様~おすすめです」。


食後、ぬりえを紙芝居に見立てて、ケンシンに読み聞かせするケーナ。
画像
「すっかり、保育園の先生気取り‥」。

この記事へのコメント

のん
2013年11月05日 10:06
レシピだけだとわかりづらい所、
いつも写真も掲載なので、すごく助かります。
今度いいかぼちゃを手に入れることが出来たら
作ってみたいと思います!
ケーナちゃんの怖いもの見たさ…すっごくかわいいですね。
癒されました(^^)
2013年11月07日 08:32
>のんさん
このプリン、悪くはないのですが、半分はかぼちゃの水炊きだと思っていてくださいねww
そして、よければお試しください!

仰るとおりケーナの反応は、親バカながら、可愛いものでした。
moko
2014年08月24日 19:36
実家でとれた南瓜くん。。。二つもあるようぅ(>・<)
大き目のと小さ目のかぼちゃ君・・・

そうしたら、こちらのレシピ発見!
早速、つくってみます!
・・・ハロィンには早いですが。。。

そして、一人暮らしなので、朝昼晩とこれだけ食べれば満腹ですかね(笑)
moko
2014年08月24日 19:39
再び登場。。。

ハロィンって。。。→ハロウィンですね~
2014年09月16日 08:37
>mokoさん
コメントありがとうございます。
多少の面倒もありますが、出来上がりの満足度は高いので、ぜひ試してみてくださいね。
返信が遅れて恐縮ですが、すでにディズニーはハロウィンの時期ですね。今年のハロウィンは、何を作ろうかなと思案中です。