のんびりとていねいに暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS いちごのババロアの作り方の巻

<<   作成日時 : 2013/04/21 23:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

先日、薬局で料理雑誌を見ていたら、いちごのババロアレシピを発見。
見てみると、材料はシンプルで、しかも簡単に作れることがわかったので、
さっそく試してみました。そうしたら、これが美味しい。いちごの酸味・甘味が
生クリームと好相性なだけでなく、ババロア独特の食感が味全体にピッタリ。
そんな美味しい“いちごのババロア”の作り方レシピ)を紹介します。


いちごの甘酸っぱさは、ババロアと好相性です。
画像
「材料もたったの4つだけ。いちごの味が生きるスイーツです」。


本当は“不揃い”や、加工有りきの小さ目の粒揃いのいちご十分なのですが、
今回は奮発して、“あまおう”いちごで作ってみました。
画像
「とちおとめに比べると100〜200円高い“あまおう”を、贅沢にも2パック使用します」。


今回はこのレシピを主に参考としました。そして、ちょっとだけアレンジ。

▽ 材料・レシピのはじまり −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

≪出来上がりの量≫
4〜6人分

≪材料≫
いちご…約650g(2パック)
グラニュー糖…120g
粉ゼラチン…10g
生クリーム…200ml

≪作り方・手順≫
1.器に水大さじ4を入れ、ゼラチンをふり入れてふやかす。

2.いちごのへたを取ってミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌して
 (これで3カップ分の液体になる)、ボールにあける。

3.小鍋に水120mlとグラニュー糖を入れて弱火にかけ、
 グラニュー糖が溶けたら火からおろす。ふやかしておいたゼラチンを加え、
 ゴムべらなどで混ぜながらゼラチンを溶かす。

4.別のボールに生クリームを入れ、泡立て器で七分立て
 (もったりとしてとろりと落ち)にする。

5.「1」のボールの底を氷水に当てながら、「3」を少しずつ加えて混ぜる。
 とろみがついてきたら、「4」を加え、さらに混ぜる。

6.「5」を器に流し入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やし固める。

△ 材料・レシピのおわり −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


器に水大さじ4を入れ、ゼラチンをふり入れてふやかしておきます。(レシピ1)
画像
「いちごのへた取りの前にやっておくと、時間の使い方としてはベターです」。


さぁ、主役が登場。いちごのへたを取ります。(レシピ2)
画像
「地味な作業だけど大事です」。


容器にいちごを詰めて、バーミックスで撹拌してなめらかにします。(レシピ2)
画像
「バーミックス用の縦長の容器だと、跳ねなくて安心」。


ストレート果汁100%のいちごジュースが完成。(レシピ2)
画像
「これを美味しんだろうな‥ババロアにして味が下がったらどうしよう‥」。


小鍋に水120mlとグラニュー糖を入れて弱火にかけ、グラニュー糖が溶けたら火からおろす。
「1」を加え、ゴムべらなどで混ぜながらゼラチンを溶かします。(レシピ3)
画像
「白い鍋だと、グラニュー糖が溶けたのかどうかわからんな〜」。


バーミックスで生クリームを七分立てにします。容器はパックのままで‥。(レシピ4)
画像
「7分立てって何だよ‥たぶんこれ、10分立てだぞ‥」。


「1」のボールの底をあてる氷水を用意。(レシピ5)
画像
「これマストなのかな‥効用がよくわからんな‥一応、やっているけどさ」。


「1」のボールに「3」を少しずつ加えながら混ぜます。(レシピ5)
画像
「最初は少しずつやっていても、徐々に1回の投入量が増加‥そういう性格です」。


とろみが出てきたら、「4」の泡立てた生クリ−ムを加え、さらに混ぜます。(レシピ5)
画像
「これは一気に入れて、一気にかき混ぜてもOKです」。


「5」を器に流し入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やし固める。(レシピ6)
画像
「ババロアの軟弱な強度に、ドラえもんの型は通用するのか‥実験です」。


完成です。
でも、やはりババロアの強度では、ドラえもんの顔は100%再現できませんでした‥。
画像
「鼻が‥ごめんよ、ドラえもん‥」。


「どうせ食べる際には取り分けるんだし‥」と前向きに考え、さっそく取り分けます。
画像
「形は味には関係ないって言うけど、でも、そうではないよね‥」。


いちごの香りがします。美味しそうです。、
画像
「色がいいね。この鮮やかな色合いに、春を感じるね」。


さてさて食べましょう。
画像
「いただきま〜す。うお、メッチャいちごだ。酸味もイイ感じで、すっごく美味しい」。


ちなみに、アップの見た目はこんな感じ。粒々がたくさん残っています。
画像
「この粒々が、食感の良さを増長しているんだよね」。


寝起きで、イマイチ食が進まないケーナ。
画像
「これなあに?美味しいのかな?」。


いちごのババロアの美味しさで、開眼したケーナ。
画像
「うはっ、メッチャ美味しい。おとうさん、美味しいです」。


完全に目覚め、料理漫画のようなリアクションをはじめたケーナ。
画像
「お・い・し・い・ぞ〜〜(ミスター味っ子の味皇をイメージ)」。


ご満悦のケーナ。この笑顔が見れて、父さんの苦労は全て報われました。
画像
「いちごちゃん、もっと!おかわり〜」。


旬の果物って、基本的には(実は)、そのまま食べるのが一番美味しいと思っていますが、
このババロアに関しては例外です。果実感が高いこのババロア、そのままより美味しいです。

何というかな、大袈裟でなく、このババロアはフルコースの締めのデザートみたいです。
あっさりしていながら、コクがあり、いちごの味が生きていて、上品な味わい。

ぜひ、加工用のいちごなどを入手する機会があったら、お試しください。

「子どもは絶対に喜びますよ!」。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵!レシピ通り
作ってみたいと思います!

うちの旦那さんは
手作りのお菓子なんて
ほぼ食べた事ないらしいから
作ったら喜びそうです(^ω^)

ケーナちゃんは
お父さんが美味しいお菓子作ってくれて幸せですね、
ドラえもんの鼻は残念でしたが
とっても美味しそうです!

広島お好きですか!
ありがとうございます-!
私は尾道市にすんでおりますので、
是非是非いらっしゃってください!
観光スポットで 楽しいですよ-♪
ゆん
2013/04/22 15:14
>ゆんさん
コメントありがとうございま〜す。

「超簡単」とまではいきませんが、失敗知らずのレシピですので、ぜひ旦那さんのために作ってみてください。

子どもには、嗜好性の強いスナック菓子など、市販のお菓子はまだ食べてほしくないので、ケーナにはできるかぎり手作りのお菓子をあげたいと思っています。100%は難しいけど、10%だけでも、できる範囲で‥。

尾道にお住まいなのですね。
冗談抜きで尾道は、自分が住んでみたい街トップ3にランクインしていますよ。
ずいぶん前ですが、尾道がクロネコヤマトのCMの舞台になっていたことがあって、それ以来、ずっと気になっています。あと、自分はよく写真の雑誌を見るのですが、尾道をモチーフにした良い写真を頻繁に目にしています。
けんじゅ
2013/04/26 00:37
旦那さんと娘に作ってみたいと思い
材料買いました、
明日にでも作って見ます!

わ-!本当ですか!
最近だとSONYのミラーレスのCMが
尾道を舞台にしてました!
知ってる場所ばかりで面白かったです笑

尾道は県外から移住されてる方多いし、
けんじゅさんみたいに
お子さんに手作りの物を…って方が
沢山いますよ-(^ω^)
サブカルチャーや音楽、アート好きが沢山おります!
イベントも盛り沢山ですよ-!

もし来られましたら
撮影スポットとか穴場スポット
お教えさせて頂きますよ♪

またまたコメントすみませんでした-!
次の記事も楽しみにしています!
ゆん
2013/04/26 01:10
>ゆんさん
尾道、絵になる街ですよね。
実は、尾道の古民家を有効利用しようとしているプロジェクトに、前々から少し興味がありました。

今度の旅行先の候補にさせてもらいます。
本当に広島、好きですので!

▽過去の記事ですが、よろしければ‥
http://slow-lifestyle.at.webry.info/201105/article_4.html
けんじゅ
2013/04/29 00:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
いちごのババロアの作り方の巻 のんびりとていねいに暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる