野菜クラッカーの作り方の巻

先日、野菜クラッカーを食べていたところ、ふと「これ作れそうだな」と思ったので、
ちょっと挑戦してみました。WEB上には、いろいろなレシピがありましたが、
「分量が明らかに間違っている」や「手順の詳細説明がない」など、
どれも片手落ちだったので、ちょいと自分でレシピもまとめてみました。
野菜クラッカー、なかなか美味しく作れたので、よろしければ参考までにご覧ください。


子供の頃から野菜クラッカーを好きだった自分。(もちろん今も好き)
これまで野菜クラッカーを「自分で作ろう!」と思わなかったことが逆に不思議です。
画像
「作ることで、野菜種類や配合率もわかり、ひとつ賢くなった気分♪」。


▽ 材料・レシピのはじまり --------------------

≪出来上がりの量≫
3cm×3cmが約40枚分

≪材料≫
薄力粉…120g
ベーキングパウダー…小さじ1
ほうれん草…1株
にんじん…20g
たまねぎ…1/8コ
白ゴマ…大さじ1
水…大さじ1/2~1
塩…小さじ1/4
オリーブ油…大さじ3

≪作り方・手順≫
1.にんじんと玉ねぎ、茹でて水気をよく絞ったほうれん草をみじん切りする。

2.ボールに「1」と薄力粉・ベーキングパウダー・塩・オリーブ油・白ゴマを入れ、
 全体がポロポロになるように混ぜる。水を少しずつ入れ、耳たぶほどの固さに調整する。

3.「2」をこねてひとまとめにし、冷蔵庫で30分間、生地を寝かせる。

4.麺棒で薄く伸ばし、お好みの大きさに切る。

5.180℃のオーブンで約15分間焼く。

△ 材料・レシピのおわり --------------------


今回jの主役の野菜たち。彩りが良いです。
画像
「でも、こんなにたくさんは使いませんよ。使用するのは、ちょっとだけです」。


今回必要な量はわずかこれだけ。
画像
「この微妙な量、冷蔵庫の残野菜の使い先にピッタリかも」。


さて、ここからが作り方の紹介です。

以下の工程は、レシピの2倍の分量で作っています。

にんじんと玉ねぎ、茹でて水気をよく絞ったほうれん草をみじん切りにする。(レシピ1)
画像
「にんじんのオレンジ、ほうれん草の緑で、まな板がスゴイ色になりました」。


ほうれん草は余計な水分を含ませたくなかったので、電子レンジで加熱しました。
画像
「こっちの方が早くて楽なので、おすすめかもしれません」。


ボールに「1」と薄力粉・ベーキングパウダー・塩・オリーブ油・白ゴマを入れ、
全体がポロポロになるように混ぜる。
水を少しずつ入れながら、耳たぶほどの固さに調整する。(レシピ2)
画像
「こねている間に、野菜から水分が出ます。なので、水は入れ過ぎ注意。追加は慎重に!」。


こね終えると、このような固まりになります。
画像
「バカでっかい、じゃがりこ(サラダ味)みたいだな‥」。


「2」をこねてひとまとめにし、冷蔵庫で30分間、生地を寝かせる。(レシピ3)
画像
「冷蔵庫で寝かし終えると、さらにしっとりします」。


麺棒で薄く伸ばす。できる限り薄くすることが、カリッと仕上げるコツです。(レシピ4)
画像
「クッキングシートとクッキングシートの間に挟むと、簡単に薄く伸ばせますよ」。


今回は、生地をここまで薄く伸ばしました。
画像
「クッキングシート作戦なら、伸ばしが本当に簡単。打ち粉も不要で、おすすめです」。


伸ばした生地をお好みの大きさに切る。(レシピ4)
画像
「焼くと生地が多少縮むので、それを考慮した上で、好みを大きさにしてくださいね」。


180℃のオーブンで約15分間焼く。(レシピ5)
画像
「生地が薄かったので、わが家の虚弱な火力のオーブンでもOKでした」。


焼き上がりがこちら。多少、焦げたものがありましたが、8割方は美味しく焼けました。
画像
「美味しそうに焼けました。見た目は完全に野菜クラッカーでしょ」。


近くで見ると、こんな感じです。
画像
「これは紛れもなく野菜クラッカーでしょ」。


もっと近くで見ると、こんな感じ。
画像
「練り込んだ野菜たちが見えます。食欲をそそる彩りですね」。


さっそく、ケーナと一緒にいただきます。
「うん、パリっとした歯ごたえ、野菜の味もしっかりします。これはかなり美味しいぞ」。
画像
「ケーナもいただきます。お父さん、これは何ですか?美味し過ぎです」。


野菜クラッカーを相当気に入ったらしく、次から次へと手を伸ばすケーナ。
画像
「ムシャムシャ、野菜クラッカー美味しいです」。


歯止めが効かなくなったケーナ。野菜クラッカーが止まりません。
画像
「全部く~だ~さ~い」。


何となく、試しに作ってみた野菜クラッカーですが、これ、本当美味しいです。
市販のものより、しっかりと野菜の味がして、またオリーブオイルの風味がイイです。
画像
「手作りしたおかげで、野菜クラッカーには食事の材料しか使わないことを発見」。


手作りの野菜クラッカーは美味しい!おすすめです。

「子どもには手作りを食べさせたい」と思っている人に、ピッタリだと思います。


【関連レシピ】 チーズクラッカーの作り方

この記事へのコメント

食検・今村
2013年03月05日 14:10
こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
先日、ご連絡した今村です。その節は、ご快諾くださり、ありがとうございました。
この野菜レシピ、是非つくりたいので、記事に卵とバターの分量も教えてください。よろしくお願いいたします。
2013年03月06日 00:21
>今村さん
おぉ~、コメントありがとうございます。
その節は、ご連絡をいただきまして、ありがとうございました。
この野菜クラッカーは、記事のレシピの通り、卵もバターも不使用なのです。膨らみは、ベーキングパウダーによるものです。
また、バターではなく、オリーブオイルを結構な量、使用しています。
簡単なのに美味しいので、ぜひ作ってみてください。
これからも、駄文をアップしていきますので、ぜひまた閲覧してくださいね。よろしくお願いします。
2013年03月10日 11:14
>今村さん
すみません!
卵とバター云々という記載がありましたね。
あれは、誤植です。大変申し訳ございませんでした。
※間違っていた箇所は、修正いたしました。