プレーンヨーグルトを比較してみたの巻 ~ 明治・森永・雪印メグミルク ~

プレーンヨーグルト」を常備するわが家。そういう家庭って、今では多いのでは?
スーパーでは、牛乳に匹敵するほどの売り場面積を確保している「プレーンヨーグルト」。
売り場で幅を利かせているのが、『明治 ブルガリアヨーグルト』、『森永 ビヒダス』、
雪印メグミルク ナチュレ恵』の3商品です。今回はプレーンヨーグルトの3大ガリバーである
明治 ブルガリアヨーグルト』、『森永 ビヒダス』、『雪印メグミルク ナチュレ恵』を
食べ比べて、プレーンヨーグルト違いを検証してみました。

これは、“味”の比較に限定したものです。健康への効用は全く触れていません。

ちなみに、高校生の頃、バイトしていたスーパーで、パートさんたちと食べ比べをした経験有り。
画像
「その時は、ビヒダスが圧勝だったような記憶が‥でも、15年も前の話なので‥」。


全てのプレーンヨーグルトをマルエツで揃え、さっそく比較開始です。
画像
「真夏なので暑いです。腐らないうちに、さっさとやっちゃいましょう」。


<エントリー紹介>

明治 ブルガリアヨーグルト (450g) [158円]砂糖付き
画像
「たぶん、シェア率ナンバーワンであろう、“THE プレーンヨーグルト”」。

森永 ビヒダス (450g)[158円] 砂糖無し
画像
「自分の中のかつての王者。かつて、ドレッシングの代用を提案するCMがあったような」。

雪印メグミルク ナチュレ恵 (400g)[149円] 砂糖付き
画像
「量が少ないため一番割高。このディスアドバンテージを埋める何かがあるのか?」。


<栄養成分(100g当たり)>

● 明治 ブルガリアヨーグルト
画像
・エネルギー:62kcal
・たんぱく質:3.4g
・脂    質:3.0g
・炭水化物:5.3g
・ナトリウム:51mg
・カルシウム:109mg

● 森永 ビヒダス
画像
・エネルギー:65kcal
・たんぱく質:3.7g
・脂    質:3.1g
・炭水化物:5.5g
・ナトリウム:50mg
・カルシウム:120mg

● 雪印メグミルク ナチュレ恵
画像
・エネルギー:63kcal
・たんぱく質:3.6g
・脂    質:3.1g
・炭水化物:5.2g
・ナトリウム:45mg
・カルシウム:110mg

「どれも似た数値ばかり。数字からは明確な違いは全くわからず‥」。


<原材料など>

● 明治 ブルガリアヨーグルト
画像
原材料名:生乳、乳製品
無脂乳固形分:9.5%
乳脂肪分:3.0%

● 森永 ビヒダス
画像
原材料名:生乳、乳製品
無脂乳固形分:9.5%
乳脂肪分:3.0%

● 雪印メグミルク ナチュレ恵
画像
原材料名:生乳、乳製品
無脂乳固形分:9.5%
乳脂肪分:3.0%

「全て同じ‥。乳製品って何?ちゃんと書いて!チーズでも入ってんのかな?」。


<見た目>

● 明治 ブルガリアヨーグルト
画像

● 森永 ビヒダス
画像

● 雪印メグミルク ナチュレ恵
画像

「白さやとろみに、ちょっとは違いがあるかと思ったけど、クローンかってくらい一緒!」。


<テイスティング(味の違い)>

● 明治 ブルガリアヨーグルト
画像
コク:ほどよいコク
酸味:ほとんどない
なめらかさ:ビヒダスとほぼ同じ

● 森永 ビヒダス
画像
コク:ほどよいコク
酸味:ほとんどない
なめらかさ:ブルガリアとほぼ同じ

● 雪印メグミルク ナチュレ恵
画像
コク:ほどよいコク
酸味:ほとんどない
なめらかさ:口当たりが一番なめらか

「本当に味の違いがわからない‥ナチュレ恵がかろうじてわかるかなというくらい」。


<結論>
画像
正直申しまして、味の違いはほとんどわかりませんでした。(原材料とか全一致だったもんな‥)
「おいしい牛乳」の時は、明確な味の違いがあったのにな‥。

苦し紛れだけど、総括してみましたので、参考までに!

砂糖付きで、割安なプレーンヨーグルトは、「明治 ブルガリアヨーグルト」!
砂糖は無いけど、骨が太くなりそうなデザインなのが、「森永 ビヒダス」!
比較して、ちょっとだけ口当たりがなめらかなのが、「雪印メグミルク ナチュレ恵」!


「その時安いもの買っておけばOKです」。(あくまで自分の主観)


上記は全て、自分の主観ですので、
「ボケ!全然味ちゃうわ!ビヒダスがサイコーや!」という人がいて然るべきです。

とうことで、参考までに「プレーンヨーグルト」の考察でした。


ヨーグルトも大好きなケーナ。ヨーグルトにまみれてもへっちゃら♪
画像
「ヨーグルト(くれ)!ヨーグルト(くれ)!」。(最近、単語で要求してくるようになったケーナ)

この記事へのコメント

通りすがり
2013年01月03日 18:23
おもしろいですね.
それぞれ乳酸菌の種類と数が違うので、
それに伴って風味にも違いが出てくるんだろうなぁと思っていたのですが、
その差は分からないくらいなのですね。
乳酸菌の種類も含めて考察すると、より良かったと思います。
2013年01月07日 01:13
>通りすがりさん
コメントありがとうございます。
これは本当に味の違いがわからなかったです。
悔しいまでに‥。
ちなみに、乳酸菌の種類ですが、ブルガリアに学術名しか表記が無く、「これはわかりやく書けないな」と思い、省いた次第です。
的確なご意見、ありがとうございました。
ちとせ
2013年07月04日 21:01
とっても参考になりました!!ありがとうございました!!
※この間買ったブルガリアヨーグルトには、砂糖が付いてなかったな…。最近はやめちゃったのかな?
2013年07月07日 23:47
>ちとせさん
コメントありがとうございます。
あれっ、ブルガリア、砂糖がなくなりましたか!
メーカーHPを見ても、付いていなさそうな感じですね。
今度、買って、調べてみます。
yoo
2013年08月04日 22:29
最後のまとめで、安い時という……
納得する部分もあるが、
うーん納得出来ないて部分も(笑)
2013年08月07日 08:50
>yooさん
コメントありがとうございます。

あくまで自分の主観ですので~。
ご参考までに!
ハチマキ
2013年12月16日 21:35
「恵」も最近、砂糖の添付はなくなりましたね。最後まで粘ってたのに。これで、大手スーパーに流通するプレーンヨーグルトで砂糖付きはなくなりました。
ところで、イオンのPB(トップバリュ)のプレーンヨーグルトって、3種類あるのをご存じですか? 安い順に「ベストプライス プレーンヨーグルト」450g・98円、「プロバイオティクスプレーンヨーグルト」450g・128円、「生乳100%プレーンヨーグルト」400g・178円。原材料の違いがあって味も値段相応な感じです。
一度お試しを。
2014年01月02日 02:06
>ハチマキさん
コメントありがとうございます。
もはや、ヨーグルトには砂糖付いていない時代になりましたね。

イオンのPBですね。3種類もあるんですね!
近所にイオンがないのですが、近々、試してみますね。

情報提供ありがとうございました。
おきちゃん
2014年05月20日 21:17
初めまして、私は毎日 プレーンヨーグルトを食べています。一つ発見しました。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが…歯ブラシ後 プレーンヨーグルトで歯と歯ぐきの境目を歯ブラシしました所歯科で定期検診したところ 歯垢もほんの少し 歯ぐきの状態も良いと言われました。多くの皆さんも是非試されたらと思い記しました。
おきちゃん
2014年05月20日 21:27
追伸

雑菌繁殖 減少にもなっています。

プレーンヨーグルトの良さは 腸内環境にも素晴らしく発揮しています。これからは もっと色んな事に役立てたらと 切に感じています。
おきちゃん
2014年05月20日 21:41
某 テレビ番組で検証済みで Drも どうにかなるものなら

知って頂けたらと言われていました。
ぴろ
2014年10月02日 14:09
非常におもしろい!!!

わたしの意見も同じです。

十数年前、どれが一番おいしかったかというと、

 1位 ビヒダス
 2位 ブルガリア
 3位 ナチュレ
でした。

最近、改めて順番に買って食べてみたら、
ブルガリアとビヒダスの差はほとんど感じませんでした。

ナチュレだけは「少し違う」と分かりました。
通りすがり
2016年03月16日 12:49
検証グッジョブです。
これ、それぞれトロトロになるまでかき混ぜてみると違いがはっきり出ますよ。
もっともとろみが強く濃厚感出るのが恐らくビヒダスだと思います。
ためきち
2017年01月30日 17:03
プレーンヨーグルトなのに加糖したものがあるのは許せないな。「プレーン」という言葉の正しい意味が理解できていないメーカーがあって困るね。ダノンの「プレーン(加糖)」、セブンイレブンの「飲むプレーンヨーグルト(加糖)」、グリコの「マイルドプレーン(加糖)」、森永の「プレーン(加糖)」など。
これらのメーカーは消費者を馬鹿にしていると思いますね。
プレーンと書くな!! 

本当のプレーンヨーグルトだと思って買ってきて、甘ったるい加糖ヨーグルトだった時のショックは大きいです。はぁ~。