のんびりとていねいに暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 古城梅(ごじろうめ)で梅シロップを作ったの巻

<<   作成日時 : 2011/06/19 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6月、仕事のシーズンです。毎年わが家では梅シロップ作っております。
今年はエキスがたくさん出てるため、梅酒梅シロップに適しているされる
古城梅ごじろうめ)』で梅シロップを作ってみました。
古城梅』の通称は青いダイヤらしいです。初耳ですが・・。


『古城梅』で作る梅シロップは、梅エキスがたくさんなので、酸味が強くなるらしいです!
梅の清涼感が大好きな自分にはピッタリ〜。どんどん酸っぱくなっちゃってください。
画像
「それにしても、今年の梅は小ぶりだね〜。古城梅も例外ではなく、かなり小ぶりです」。

基本的な材料や作り方は、パルシステムのレシピを参考にしました。


これが、会社で利用している生協(東都生協)で購入した『古城梅(ごじろうめ)』。
なんと、有機栽培の『古城梅』です。(ただ農家の軒先に成ってただけじゃないの??)
画像
「梅:2kgに対して砂糖:1kgと、梅を多めにしたレシピ。これだと甘くなりすぎません」。


まずは、梅をさっと水で洗います。
画像
「磨くほどに輝きを増す!、ってダイヤの話ですが、これはあくまで“青いダイヤ”です」。
磨きすぎるとグジュグジュになるので要注意。


一つひとつ、ていねいに“へた”を取ります。
画像
「へた取りには、竹串がおすすめ。つま楊枝だと、途中でふやけるんだよね〜」。


梅の表面に付いている水分を乾かします。乾き次第、冷凍庫に入れて一度凍らせます。
画像
「何で並べた梅って、眺めているだけで楽しいんだろうね〜」。


<翌日>
密閉ビンなどに、凍らせた梅と砂糖(今回は三温糖)を入れます。
画像
「このまま1週間ほで放置すれば、自然と梅シロップが完成です」。


<1週間後>
こちらが完成した梅シロップ。
画像
「密閉瓶を開けた途端、爽やかな梅の香りがしました」。


中の梅はしわくちゃ。それだけ梅のエキスが出たって証拠なのかな?
画像
「仕込み後の梅もおいしいんだよね。でもここまでしわくちゃだと、食べようがないや」。


青梅を2kg、砂糖を1kgで作ると、約2リットルの梅シロップになります。
画像
「今回、容器(ペットボトル)に移す際に150ccほどこぼしました・・」。


『古城梅』で作った梅シロップ、さっそく水で割って飲もう飲もう
画像
「通常の青梅のシロップより、酸っぱいです。これは“くせ”になるおいしさだ〜」。


「古城梅」の梅シロップ。梅の清涼感がたまらなく好きという人には、おすすめです!
たしかに普通の青梅よりも、梅の味が強いです。エキスがよく出るって情報、ウソじゃないです。

「梅の種類によって、味に違いがあるんだな〜。奥が深いね!梅仕事」。

今年の梅仕事では、勉強をさせてもらいました。
基本は同じだけど、ちょっとした工夫ってやつを今後も取り入れていきたいですね。


ちなみに、まだ梅シロップを口にできないケーナ。かわいそうです。
画像
「おろっ、おとうしゃん、何やってんでしゅか」。


最近、気になるものがあると一直線で進んでいくケーナ。今日はカメラが気になる模様。
画像
「何でしゅかそれは?ケーナに遊ばせてくだしゃいな」。


とうとう手の届くところまでやってきたケーナ。成長ぶりに感激です。
画像
「ケーナにも触らせてくだしゃいってばさ〜。いじわゆ!」。


来年は、ケーナと一緒に梅シロップを楽しめるかな?楽しみたいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古城梅(ごじろうめ)で梅シロップを作ったの巻 のんびりとていねいに暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる