のんびりとていねいに暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 炊飯器でお赤飯を作るの巻

<<   作成日時 : 2008/11/17 01:18   >>

トラックバック 0 / コメント 2

特にめでたいことが事があった訳ではありませんが、パルシステムのホームページで
炊飯器お赤飯が作れるというレシピを見つけたので、チャレンジしてみました。
実家では圧力鍋で作っていたお赤飯炊飯器でおいしく作れるのでしょうか。


今回参考にしたレシピはこちらです。
画像

「実家を出てから、赤飯なんて“コンビニのおにぎり”くらいしか食べていないな〜」。
レシピを見たことによって、実はちょっと赤飯が恋しいことが判明。


「つーか、実家では圧力鍋で作っていたけど、炊飯器でもできるの?」。
その疑問を証明すべく、チャレンジです!(答えが上に出ていますが・・)


今回使うもち米は「おにぎり」に引き続き、“稲作研究会”のもの。
画像
「どうせ作るなら、やっぱりおいしいがいい」。(そりゃそうだ!)
“稲作研究会”のお米をを惜しみなく使います。


わが家のお赤飯では、豆はささげを使用。
「そういえば大学生のとき、ゼミ仲間で『赤飯の豆って何?』なんて議論したな〜」。
「“ささげ”と“小豆”で半々くらいだったかな・・」。
パル情報によると、関東圏は“ささげ”が主流らしいですね。
画像
“ささげ”って以外に高価なものなんですね〜。知らなかったです・・。
中国産でさえ298円(80g)。
国産だと598円(80g)でした〜。(ヨコミゾ家は国産仕様で!)


さてさて、作りましょう。
もち米は事前(最低でも炊く3時間前まで)にといでおくだね。
「そういえば、母親もそうしていたな〜」。
画像
4合はなかなかのボリューム。
「うっ、ボウルが小さかった・・」。


といだら、しばし放置。
画像
とぎ終えたら、“水気をしっかりきって”3時間以上放置です。
「水気をしっかりきる!」が、炊飯器でおいしくたくコツだそうです。
「うっ、ざるが小さくてうまく水がきれない・・。あっ、また米粒が飛んだぞ!」。


ささげ(598円)をゆでます。
水からゆでる”を忘れており、熱湯に投入。
「大丈夫、大丈夫」。
画像
「何だか虫っぽい・・」。


一度湯きりします!
画像

1分ほどゆでたら、一度お湯をきります。
「ゆで汁は捨てません」。


レシピに従い、もう一度ゆでます!
画像
「ん〜、一回お湯をきる意味ってあるの?」。
WEBで調べてみると、お湯きりをしないレシピも多々あります。(半々くらいです)


煮汁第一弾。
画像
「一回目のゆで汁」。


煮汁第二弾。
画像
「一回目のゆで汁」+「二回目のゆで汁」。
濃い。


いよいよお米とドッキングです。(「ドッキング」って久々に使ったな・・)
何だかお赤飯っぽくなってきました。
画像
「あれっ、水が少なくない?」。


レシピ通りの水加減で大丈夫?
画像
「3合目の目盛までしか水がないぞ!(お米は4合使用)」。
「このレシピ正しいのか?水不足でコリコリのお赤飯なんて嫌だぞ!」。

しかし、パスシステムを信じて、レシピ通りの水加減でいきます。
(ちょっと不安で50ccほど、水を足す)


高いもち米とささげを使っているだけに、水加減による失敗が気掛かりですが、
気を据えてスイッチオンです。
画像
メニューで“おこわ”を選択。
「初めて使う機能だな〜」。(“カレー”は多用ですが・・)


「ピポピポピポピポ〜ピ〜」。(←炊飯器の音)
「おぉ、炊き上がったぞ〜」。
画像
「パカっ」。(←炊飯器が開く音)
「うぉ〜、上手く炊けているぞ〜」。(一見は!)
炊飯中、ず〜〜〜〜っと水加減が心配だっただけに、喜びは大きい!
「レシピとおり、砂糖を入れたおかげでツヤツヤだぁ〜」。(もちろん甘くなんてないですよ)


混ぜる。
画像
「んんんっ?何だかやわらかい?」。
炊飯器の底の方が、少しやわらかい・・。

「何だよ、レシピ正しいじゃん!」。
追加した50ccが悔やまれる・・。

「“少なく感じてもレシピの水加減は絶対です!”くらい、注釈をつけておくれよ!パル〜」。


さっそく味見です。「うまっ!」。
二口目は突如現れた嫁と一緒に「うまっ!」。


さて、夕食です。
今晩の献立は、「塩さば、生揚げの煮物、おひたし、豚汁にお赤飯」。
画像
おかず無しでも、箸がすすむお赤飯のうまさ。


「ちょっとやわらかいけどおいしいので、大成功です」。


お赤飯を持っていける、明日のお弁当が今から楽しみです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おいしそーです。私も明日は、赤飯と日本のこめ豚の豚汁作りまーす。写真もとても分かりやすいです。
よこはまの風
2009/11/07 23:32
>よこはまの風さん
コメントありがとうございます。
お赤飯と豚汁の組み合わせって、何かイイですよね。
おかずが無くても、箸が進みまくります。
コメ豚、あっさりしているのに、しっかりうま味があって、わが家も愛用しております〜
ヨコミゾ
2009/11/17 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
炊飯器でお赤飯を作るの巻 のんびりとていねいに暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる