のんびりとていねいに暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レンジチップスクッカー』で手作りポテトチップを簡単に作るの巻

<<   作成日時 : 2008/09/14 01:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近の食品の相次ぐ値上げ。たまりませんね
休日のお供、お菓子たちも例外ではありません。もはや死活問題です。
そこで買ってみました『レンジチップスクッカー』。

「ならば、いっそのこと、作ってしまえば安く済むのでは?」と。

“レンジで簡単にポテトチップができます”“油を使わないのでヘルシー”など、
事前に入手した情報では、良い事ずばかり!期待に応えてくれるか、
それとも予期せぬオチが待っているのか。


今回の必須アイテムもアマゾンで購入です!
画像
さっそく開封。


セラミック製なので、落とせば割れます。取り扱い要注意!
画像
用途がわからなければ、全く意味不明の物体です・・。
「発明品とガラクタは紙一重」ってなところでしょうか。


さて、さっそく作りましょう。『手作りポテトチップス』。
解説書では、比較的小さめのジャガイモの薦めていますが、
ここはわが家の最大級ジャガで勝負です。「大兼ね小」です!
スライサーを使って、より簡単に!(先週末スライサーで指を切ったばかり・・
画像
「まさか、“カルビー”や“湖池屋”を超越するものができてしまうのでは?」。
希望が底なしに広がっていきます。


スライスの目安の厚さは2〜3mm。(解説書より)
「まあまあかな?」。
画像
ビビりながらスライサー作業。腰抜けスライスだと1mmを超える薄さに・・。


逃げ腰ながらもひたすらこなしてジャガイモ一個分、終了。
画像
「ちょっと切りすぎたかな?」。


セット完了です。
画像
軽くグッタリしている感が否めませんが、解説書通りなので、何とかなるでしょう。
(ジャガイモが大き過ぎたから、グッタリなのでは?もしくは薄く切りすぎ?)


あとはレンジで10分あたためるだけです。
画像
待ち時間はミスチルの新曲で過ごします。


10分経過。さて完成です。
“カルビー”“湖池屋”超越品と念願のご対面です。


完成品。
画像
全員グッタリしてます。さっきまで凄然としていた輩も、今や見る影なしです。
ドミノ倒しとは、これのこと・・。


倒れているどころか、セラミックの一部になりかけているではありませんか・・。
画像
カピカピ。


くっついていて、どうにもならなりませぬ。
食べるためには、クッカーに噛り付くしか術はありません。(歯 VS セラミック)
“カルビー”“湖池屋”とは、勝負すらさせてもらえなかった・・。


解説書の「小さめのジャガイモがおすすめ」の意味をようやく理解。
「大兼ね小」どころか、「欲張り者は損をする」の教訓になってしまいましたね。
トホホ・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『レンジチップスクッカー』で手作りポテトチップを簡単に作るの巻 のんびりとていねいに暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる